Nカルノシン点眼薬クララスティルの口コミを集めてみました

Nカルノシン点眼薬クララスティルの口コミを集めてみました

販売本数22万のクララスティルですが、これまでに流通している進行を遅らせる程度といわれている白内障用の点眼薬と違い、治療の効果も期待できるものではありますが、実際に身体に使用するものとあって、なかなか購入に踏み切ることができない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

判断材料として、実際に使用している方々の正直な感想が知りたい…….

そんな方も多いと思います。そこで実際にクララスティルを利用されている方々の声をご紹介

したいと思います。

images_content_728_070820-002

クララスティルの口コミ

1 千葉県 50代 男性

8988png

 6ヶ月前位にメガネに油膜がと感じ、何度も洗浄しましたが効果なし!

人間ドックで視力の低下を知り、眼科へ!右目が白内障であると知らされました。

 インターネットでクララスティルを知り、使用。今では油膜の感じはありません。教師なので辞書をみることが必要ですが良い目薬に出会いました。多謝。

2 埼玉県 60代 女性

ばぁ

定期コースで1年間点薬を使用しておりますが、これまでの点眼で、目のさらなる悪化を防ぐことができたように思います。高額で、正直最初は疑いながらも使用しておりましたが、この目薬に出会えてよかったです。

3 東京都 30代 女性

中年女性

父が使用しており、点眼を開始して6カ月程になります。今では少しづつはっきりと見えるようになってきているということです。

継続は力なりでございますね。ありがとうございます。今後も使用していきたいと思います。

        

 4  愛知県 30代 女性

88888

母が使用しています。今のところ変わりはないとのことですが、いつも右の瞼がはれているのが、朝クララスティルをさすと昼過ぎにははれが引いているとのことです。先が楽しみとのことです。

まとめ

クララスティルの利用者の声をご紹介させていただきました。

一部ではありますが、少しでも参考にして頂ければと思います。

今後もクララスティルの口コミをご紹介させて頂きたいと思います。

白内障治療点眼薬クララスティルはコチラ!

あなたの視力を低下原因と対策~白内障~   

あなたの視力を低下原因と対策~白内障~ 

白内障とは、本来透明で光をよく通す水晶体が濁ったために、網膜に鮮明な映像を写せなくなってしまう病気です。

水晶体はたんぱく質と水分で構成されていますが、たんぱく質が変質したり水分量のバランスが崩れると、水晶体は混濁していきます。

その原因としては、老化、アトピー性皮膚炎、糖尿病などが考えられます。

加齢による白内障は40歳代から始まり、80歳でほとんどの人の水晶体の混濁しているといえます。

まぶしさ、複視、ぼやけなどさまざまな症状が起こる

白内障は社会の高齢化を反映して、患者数がふえつづけている疾患です。

視野全体が霧がかかったようにぼやっと見えるのが、初期の代表的な症状です。

これは、水晶体の濁りで、目の中に入ってきた光が反射するために起こります。

白内障で落ちた視力は、眼鏡などで矯正することはできません。

白内障では、水晶体の濁った部位によって、見え方に違いが生じます。

物が2重、3重に見える複視があらわれたり、日差しの強い所や逆光線の所に来るとまぶしく感じる(皮質白内障、後嚢下白内障)、一時的に近くが見えやすくなるなどの症状(核白内障)があらわれたりします。

白内障の進行には、個人差があります。

加齢による白内障は進行がゆっくりであるために、自覚できないことがあります。

左右の目に発症時期が異なると、良い方の目が視力を補ってしまうので、発見が遅れることがあります。

白内障のチェックの仕方

まずは、進行を抑える薬物治療で対処

白内障は、急に見えなくなる病気ではありません。

生活に支障がなければ経過観察のみで対応するか、初期ならば点眼薬を使います。

定期健診をつづけ、生活に不便を感じたら、手術を受けることを考えます。

薬物治療では点眼薬の他、たんぱく質の変性の進行を遅らせる内服薬を使います。

白内障の手術後のケア

まとめ

偏に白内障といっても、老化であったり、アトピー性からくるものであったり、発症の種類は様々です。

また、個人差によっても症状の異なるといった特徴もあることがわかります。

自覚症状がないうちでも、定期的な検診や白内障予防の目薬などでしっかり

と対策を行っていきましょう。

紫外線で増える活性酸素

販売本数22万本突破!クララスティルはコチラ!

白内障についてー白内障予防ー

白内障とは何でしょうか?

「目のレンズが汚れる」と医者はいいますが「レンズが汚れているならふけばいいのに」と思いませんか?

目はカメラに例えられることが多いです。白内障とはカメラのレンズに相当する部分の病気です。ややこしいのですが、このレンズを 「水晶体」といいます。この水晶体というレンズが白くなると「白内障」になります。「髪の毛」が白くなったら「白髪」というのに似ています。

そもそも、なぜレンズが目の中に入っているのでしょうか?  

目は遠くを見たり近くを見たりします。それはこのレンズの厚みを変えることでピントを調整しているのです。レンズが厚くなれば近く、薄くなれば遠くにピ ントが合うのです。一眼レフカメラでレンズの位置をずらしてピントを変えるのに似ています。この作用によって手元の本を見たり遠くの景色を見ることができるのです。

白内障は表面にホコリがついて汚れているわけではありません。レンズ自体が劣化して変色してしまっているイメージです。レンズがまだ透明だったころは軟らかさをもっていました。そのため遠くにピントを合わせたり近くにピントを合わせるのが楽にできていました。けれども次第にこのレンズが白くなってきます。そうすると同時に硬くなってきます。透明な卵の白身がゆでられて白くなってしまうようなものです。透明な生卵のときは自由にその形を変えることができましたが、ゆでて白くなると自由に形を変えることができません。そうなると、自力でピントを合わせられなくなる、すなわち老眼が進んでしまうのです。ですから白内障は老眼も引き起こしてしまうものなのです。またレンズの体積 も増えます。目玉の中でレンズが大きくなると邪魔になってしまいます。大きなレンズのせいで目玉の中の水の流れが悪くなり、病気を引き起こしてしまうこともあります。

白内障になるのは年齢のせいだといいますが、同じ年齢でも白内障にならない人もいればなる人もいます。100歳を超えてもよく見えている人もいますし、50代で手術をしないと見えにくくなってしまっている人もいます。年齢はあくまで一つの要素でしかないのです。ではなぜ白内障になるのでしょうか?

白内障は、目の中にある水晶体というレンズが白くなってしまうことをいいます。 水晶体は生まれたときはきれいで透明なのですが、年をとるごとに白くなります。これは透明なタンパク質が白くなっていくことなのです。それは「目のダメージ」と「目の回復」のバランスで決まります。「目のダメージ」が大きすぎたとき、例えば目にケガをすると10代、20代で視力が 0.1以下になってしまいます。また「目の回復」がわるい体の病気である糖尿病や栄養の乱れがひどいと、若くして見えなくなってしまいます。ダメージが大きすぎ、 回復が悪いと1年しかたっていなくても10年たったかのように白内障が進んでしまいます。一方でダメージも小さく、回復もよければ10年たっても1年しかたっていないような若々しい目になるのです。

白内障予防点眼薬 クララスティル 公式サイトはこちら